PROJECT

スクリーンショット 2015-02-26 19.31.48.png

Concept Lab Inc.

HOME | NEWS | PROJECT | ABOUT | PUBLICATION | SPONSORED | LINK | DOCUMENT

twitter.pngfb.png

2017年5月より、ホンモノニツナガルプロジェクト始動!

第1回は「医療編」。再生医療の第一人者である横尾隆教授(東京慈恵会医科大学)による「腎臓の不思議」と、本学情報学部の星合隆成教授による「つながりの本質」と題した講演が行われました

ホンモノニツナガルプロジェクトは、熊本の高中生に対して、ホンモノ(各分野の第一人者)の考え方、パイオニアの経験に触れさせることを目的に発足した活動です。5月22日、4時間にわたって熊本信用金庫本店を会場に実施されました。
参加者は高中生を中心に80名、遠くは鹿児島ラサールの生徒さんが5名参加されました。
星合隆成教授
「つながりの本質」と題して、P2Pネットワークの発明者として活動された経験や成果について講演されました。
横尾隆教授
「腎臓の不思議」と題して、腎臓再生の苦労話や、医学を志す若者への心構えなどについて講演されました。

170521-honmono.jpg

2017年4月より、FM桐生にて「肥後モン大辞典」を放送中!

2016年7月スタートのFM桐生×SCB放送局がバージョンアップしました!

2016年7月より放送していたSCB放送局制作のコーナー番組「あたとかたる熊本」「クマユーカリ」の2つの番組が合体し、熊本の魅力的な人や活動を紹介する「肥後モン大辞典」として、毎週放送のレギュラー番組として放送しています。

FM桐生 77.7MHz 毎週木曜日 14:10〜オンエア中!

FM桐生では現在、サイマルラジオに対応しておりますが、今後、さらに聞きやすくなるという情報も得ていますので、詳しくは情報が入り次第お届けします。

170401-FMkiryuubangumi.jpg

2017.02.18 2017年4月より、防災教育チャレンジプランがスタートします!

2017年度防災教育チャレンジプランに採択されました。

2017年度の防災教育チャレンジプランへ応募を行い、採択されました。これにより、2017年4月より、同プロジェクトを開始します。

2月18日に東京大学で開催されました「防災教育チャレンジプラン2016年度 活動報告会、及び、2017年度防災教育チャレンジプラン実践団体発表」にて、弊社の代表取締役就任予定の情報学部2年中村美貴さんが活動内容を発表しました。→詳しくはこちら

中間発表、最終報告会へ向けて、活動を開始していきます。

170218-005.jpg

2016.07.11 2016年7月より、FM桐生×SCB放送局がスタートします!

FM桐生×SCB放送局のコラボ番組が2016年7月13日(水)よりスタートします!

SCB放送局メンバー60名の中から、2年生の10名が番組の制作を担当します。制作した番組はFM桐生のレギュラー番組として放送されます。FM桐生またはサイマルラジオより視聴可能です。
この取組みは、学生が企画、脚本、出演、演出、収録を行って制作した番組で、熊本の魅力を学生の視点で他地域へ発信することを目的としています。
また、被災した熊本の魅力を少しでも多くの方に知って頂きたいという学生の想いから実現しました。
詳しくはこちら

IMG_6150.jpg

2016.07.04 2016年7月より、熊本子供囲碁研究会がスタートしました!

2016年7月より熊本子供囲碁研究会がスタート!

 崇城大学SCB放送局新市街スタジオにおいて「熊本子供囲碁研究会」がスタートしました。これは、熊本震災復興のアクティビティとして企画されたもので、日本棋院の星合志保プロ棋士、アマチュア囲碁界トップの早稲田大学囲碁部の有志がボランティアで講師を務めています。
 崇城大学SCB放送局新市街スタジオの放送設備を用いたリモート教室により、東京と熊本を繋いでいます。2016年度末まで開催する予定です。強くなりたいと思う子供棋士はぜひご参加ください。
詳しくはこちら

hoshiaishiho.jpg

2016.04.01 2016年4月より、熊日新聞×SCB放送局のコラボ企画スタートします!

2016年4月より熊日新聞紙面での連載開始!

熊本日日新聞とSCB放送局とのコラボ企画として、これから1年間、熊日新聞紙面での連載が始まります。
4月のテーマは「スタート」。放送局学生取材班のメンバー11名が取材し、記事を書いています。復興に向けて「街を元気にする」を目標とした学生手作りのアクティビティです。

scb-kumanichi001.jpg

2016.01.30 2016年4月に、NASAハッカソン熊本2016(仮)+プログラミングフェス2016(仮)同時開催

2016年4月にNASA正式拠点として、SCB放送局新市街スタジオを会場にハッカソンを開催します!

SCBアプリーグが事務局となり、NASAハッカソン熊本2016(仮)開催します。2015年4月に、NASAハッカソン(ISAC)へボストン拠点と連携しました。その活動を経て、熊本が正式拠点として参加します!

NASAhakkason.pdf

2016.01.30 TED×Kumamotoshiの運営に地域コミュニティブランド協議会が参加

TED×KumamotoshiはTEDから正式にライセンスを受けた熊本で唯一の団体です。

運営のボードメンバーとして、地域コミュニティブランド協議会が参加。コミュニティ作りには、地域コミュニティブランドの手法を入れて活動を行います。

ted_kumamotoshi.jpg

2015.06.29 起業支援:SCBを用いた創業支援事業に関する基本構想

星合教授の「地域コミュニティブランドを用いた創業支援事業に関する基本構想(案)」をアップ。

地域コミュニティブランド(SCB)は、様々な取り組み、組織作りなどにも応用可能なプラットフォームです。そのプラットフォーム上で展開する活動例として、起業塾を紹介しています。

本基本構想に基づいて、創業支援事業のプロジェクトを実施します。

スクリーンショット 2015-06-29 14.48.35.png

2015.06.11 崇城大学が創業支援事業者補助金を受託しました。

崇城大学SCB放送局新市街スタジオにて起業塾を開催します。

2015年6月11日、「創業支援事業者補助金」の採択の結果が発表になりました。
採択者一覧
コンセプトラボでは、7月より起業をテーマにした複数の塾が開講します。
起業のために必要な様々なスキルを学ぶ講座、アイデアをビジネスプランにしたり、実現性について検証をする講座、さらには、プランニングし、実行した時に、どんなことが起きるのか、シミュレーションを行う講座を実施します。
また、これらを通して、受講者同士がフラットに繋がれるコミュニティの構築を目指していきます。
詳しくは、崇城大学SCB放送局新市街スタジオまで

〒860-0803 熊本市中央区新市街4-7-1F SCB放送局新市街スタジオ
営業時間 : 月〜土 13:00〜21:00|日 11:00〜19:00
電話 : 096-327-8458

スクリーンショット 2015-06-25 22.06.53.png

2015.03.15-04.12 HACK CHALLENGE KUMAMOTO

AppLEAGUEがHack Challenge Kumamotoを結成

2015/4/11ー2015/4/12に、NASA主催のハッカソン「International Space Apps Challenge(ISAC)」が開催されます。
そこに、米国の非営利団体Binnovativeにより主催・運営される「Binnovative ボストン・東京ミックスチーム」が参加します。このミックスチームに、熊本在住者が参加するために結成したグループが、「Hack Challenge Kumamoto」です。
「Hack Challenge Kumamoto」では、チームに参加して頂ける技術者を募集しています。
一緒に世界へ挑戦しませんか?
*Hack Challenge Kumamotoは「AppLEAGUE」が運営しています。

2015.04.01 SCB放送局新市街スタジオオープン

2015年4月、熊本市内のサンロード新市街に新たなスポットが誕生します。

地域活性化を目的として、サンロード新市街に新しいスポットが誕生します。1Fは、映像配信スタジオ、2Fは、さまざまな業界のリテラシー教育を行う創発塾を開設。予定している創発塾の分野は、IT、メディア、農業、起業、スポーツ、健康、福祉、文化と様々です。

各塾の開設準備が整い次第、HPやFB、twitterなどでお知らせ致します!

83X83N838A815B839383V838783b83g202015-03-052013.20.04.png

2014.12.06 魅力向上店舗等運営事業(熊本市:空き店舗対策事業)を受託

弊社が熊本市の空き店舗対策事業にて、魅力向上店舗等運営事業を受託しました。

これにより、改装費と家賃等の補助を受けられることが決まりました。商店街との連携も様々なカタチで実現していきます。オープンは2015年4月を予定しています。

83X83N838A815B839383V838783b83g202015-03-052013.20.04.png