3月2日(土)ジャパンブランドフェス2019にて星合隆成崇城大学情報学部教授のセッションが開催されました。

当日は、一般社団法人ジョブラボぐんまの代表理事でFM桐生のアナウンサーでもある宮坂さんがモデレーターを務め、星合先生がお話しをしました。地域は課題解決型の取り組みが一般的であり、地域活性化プラットフォームという共通基盤を設ける重要性について解説しました。

実は、JAPAN BRAND FESTIVAL自体が地域コミュニティブランドの手法で実施されています。JBF自体が日本の伝統産業・地場産業を様々な形でサポートするプラットフォームとなっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です